メディアの「実用的なヒント」を発信する

WEBメディア交易所は「すぐに役立つ」をコンセプトに、WEBメディアやブログの制作と運営の「実用的なヒント」を発信するメディアです。

インターネットでの情報発信の重要性が増す中、様々なサイトが様々なメディアやブログの制作・運営やコンテンツマーケティングに関するノウハウを発信していますが、あらゆる情報が氾濫した結果、どの情報を参考にすればよいのかがわかりにくくなっています。

そこで、これからメディアやブログを作って運営していきたい方や既存メディアやブログの運営に役立つノウハウを求めている方に、難しくて頭を抱えてしまうような専門的な情報では無く、「誰でもすぐにでも使える・実践できる実用的な情報とヒント」を提供することを目指してWEBメディア交易所がスタートしました。

このページではWEBメディア交易所のすべてをお話ししたいと思いますので、初めて訪問された方は最後までお読みいただければ幸いです。

名前の由来

「情報が集まり、そして循環する場でありたい」という願いを込め、題材とする「WEBメディア」に、商品や情報が集まり交流が生まれる場所である「交易所」という言葉を合わせて「WEBメディア交易所」と名づけました。

「このメディアを見てブログやWEBメディアを作り、改良を重ねた方が、当メディアが提供するメディアの事例データベースである「WEBメディア図鑑」に新たな1ページを追加する」という流れを生み出すことができればと思います。

アイコンの由来

WEBメディア交易所のサイトアイコン(ブラウザのタブに表示されるアイコン画像)は、覚えやすいことを第一に考えて「WEBメディア」と「交易所」をローマ字表記にした際の頭文字である「W」と「K」にテーマカラーを背景に加えたシンプルなものになっています。

WEBメディア交易所の目標

WEBメディア交易所が目指すのは、「誰もが一切迷うことなくメディアやブログを作れるようになり、そして作ったブログやメディアの改良に必要なわかりやすい情報もスムーズに手に入るメディア」です。

訪問したユーザーの皆様へ有益な情報をスムーズに提供することを第一に考えているため、ただコンテンツを詰めて情報を発信するだけでなく、検索エンジンを使った情報収集の弱点をカバーすることを考えたメディア運営を行っています。

検索エンジンの弱点をカバーするための施策は以下をご覧ください。

DBでサービスをスムーズに探せる

SEOとリスティング広告の予算によって全てが決定されてしまう検索エンジンで特定のニーズを満たすサービスや製品を探す場合、検索結果に表示される情報を片っ端から確認することに大量の時間を費やしてしまいがちであるため、求めている情報を見つけるのに時間がかかってしまいます。

そこで、WEBメディア交易所ではメディアとブログの制作・運営に関連する様々なサービスを紹介する「データベース」をサイト内に設置することによって、ユーザーの皆様が目的のサービスをスムーズに見つけて情報を手に入れられるようにしています。現在公開中のデータベースは以下の通りです。

データベースはこれからもどんどん拡充させていく予定ですのでご期待ください。